ペラペラじゃ満足できない!目指すはネイティブ並みの表現力の獲得――スポーツメーカー勤務の青山周平さん

多国籍な職場環境で、海外プロアスリートも顧客にもつ青山さんは、英語がペラペラ。でも、ネイティブとのわずかな差をどのように埋めたら良いのか、悩んでいました。

Brightureは、青山さんとネイティブの僅かな違いが表現力にあると判断。そこで小説を書くプログラムをご提供。「生き生きと描写することが、ここまで難しいとは思わなかった」と振り返る青山さんは、日本に帰ってからも継続して表現力を磨き、ネイティブ同等の英語力を手に入れることを決意しました。

青山周平さん /20代 / スポーツシューズ開発/ 2週間

青山さんの経歴を教えてください。

大学院で光化学を研究し、卒業後はスポーツメーカーでスポーツシューズのデザイン開発を行っています。将来はアメリカに拠点を移すことを視野に入れているので、英語を勉強しています。

松井博が、「英語圏に留学したことがないのに、驚異的に喋れる!」と驚愕していました。

大学時代から、Japan Times、CNN、New York Timesを使って毎日勉強。大学院は留学生が多く、英語を使う機会に恵まれました。職場にも外国人がたくさん。日本人社員とも英語で会話しています。

……もう語学留学しなくて良いんじゃないか、って思ってしまったんですが。

でもネイティブと比べると、やはり差があります。

例えばグループディスカッション。我先にと喋りまくる外国人と渡り合うには、アイディアをまとめて喋るまで時間をもっと短くしたいし、フィラーも、彼らと比べると、まだ多いです。

※「あー」、「you know …」などのような、沈黙を埋めるための意味のない言葉

関連記事:英語が短期間で上達する人に共通する5つのこと
関連記事:外国人との英会話に割って入る英語力の養い方

また将来、外国人の中に一人放り込まれても社内で上手く立ち回れるよう、英語のビジネス文化も勉強したかった。

独学では時間が掛かり過ぎると思ったんです。

Brightureを選んだ理由を教えてください。

創業者の松井博さんの英語学習への考え方――インプットがとにかく大事。日本語を介して学んではいけない――に共感したからです。

僕自身、ニュースを英語で読んだり聴いたりして力を伸ばせた。また中学校の英語の授業の多くを英語で受けたので、日本語を訳しながら喋る癖はつきませんでした。

また、アップルでマネージャーを務めた松井さんの経験が凝縮されている「Business Coaching」も受けてみたかった。

ほかの学校は、一切検討しませんでした。

関連記事:ブライチャーの授業時間は8コマ。これで英語が伸びます。
カリキュラム紹介:Business Coaching

課題は克服できましたか。

はい。その上、新たな課題にも気づけて……本当に充実した2週間でした。

早口で喋れる=高いスピーキング力ではなかった

それでは1つ目の課題、”もっと滑らかに話せるようになる”からお話を聞かせてください。

滑らかに話せないのは、英語力が原因ではないことに気付きました――喋り方が良くなかった。話したいことを、思いつくまま早口に喋り切る癖があったんです。

でもそれだと、頭のなかで論理を整理できない。思考が言葉のスピードに追いつかない状態ですね。結果、喋り終えたあと次の展開を考えはじめるため、フィラーが多くなっていたんです。

なぜそれに気づけたのですか。

時間内に先生たちとインタビューしあって、得た情報をプレゼンする「Group Listening and Speaking」 のおかげです。先生たちを見ていると、喋るペースを自然に落としたり、アイディアとアイディアを繋ぐ表現を効果的に使って、次の展開を考えながら喋っていることに気づいたんです。

たとえば、自分の過去の経験を話す際、いきなり本題に入るのではなくて「When you look at your life…(人生でこんなことってない?…)」みたいに前置きを入れるだけで、以降どのように話を展開させるのか、イメージする時間を確保できる。

ここに気づいてからは、先生たちの繋ぎの言葉に注目するようになりました。おっと思ったら真似して使う……その作業を繰り返しました。同じテーマで先生とインタビューしあうから、「あ、こういうふうに繋いでいけば良かったんだな」とその場で腑に落ちる機会がたくさん。とても有意義なクラスでした。

関連記事:【英語がペラペラになりたいあなたへ】意識すべきたった1つのこと
関連記事:スピーキング力向上のために必要な英語学習法とは?
カリキュラム紹介:Group Listening and Speaking

見事、課題解決の糸口を見出したんですね。

はい。これからは繋ぎ方にも注目して、より滑らかに喋れるように頑張ります。

さらに「Group Listening and Speaking」では、別の課題も指摘されました。 先生から、「周平は、とても流暢に英語を喋るけど、もっと表現豊かに喋ることを目指すべきだ」と言われました。

小説を書いて、ボキャブラリー不足を痛感

英語で何かを簡潔に説明するのは得意なんです。でも、情報を伝える以上のこと――言葉で人の心を動かしたり、自分の頭にある情景を、相手の頭の中に再現できるくらい、言葉で詳細に描写できるかというと、まだ難しさを感じていて。

たとえば、テーマが自分の人生観とか、過去の思い出に関わるようなものだと、自分の英語力の未熟さを思い知らされます。心に届くように、色彩豊かに喋れず、シンプルで簡潔にしか話せない……味気ないな、と感じるときもあります。なんとなく自覚はしていましたが、やはり先生にも気づかれてしまった。

流暢だからこそ、その点が目立ってしまうのかもしれませんね。

はい。新たな課題が発見されて以降は、「Reading and Writing」では、先生の勧めで小説を書く練習をはじめました。

実際に書いてみていかがでしたか。

感情や風景を生き生きと描写するには、副詞、形容詞の数が到底足りないことに気づきました。これが最大の原因でした。

たとえば、海岸線に夕日が沈み、青い海面が赤く染まっていく様子……それを、父親になった架空の自分が見つめ、子供へ想いを馳せる…..そんな場面を表現するうえで、適当な副詞や形容詞をつかうと、どうしようもないくらいに陳腐で幼稚な印象になってしまう。

エッセイを書く程度なら、辞書を使う必要はまったくないので、ボキャブラリーには自信があったんです。でも、全然足りてなかった。

英文学を専攻した講師にみっちり教えてもらったので、自分が目指すべきレベルと、現在の状態の距離感が分かりました。

卒業後は、語彙力を増やすことに再チャレンジします。

ビジネスクラスで、外国人を叱るテクニックを学ぶ

ありがとうございました。もう一つの目標、英語での振る舞い方についてはいかがでしょう。

大満足です。「Business Coaching」で、日本企業とアメリカ企業、振る舞い方の違いを認識することができました。

一番大きく違ったのはなんでしたか。

叱り方ですね。

日本だと、部下が問題を起こした際「次からは気をつけてね」で済ませたり、批判するだけで終わってしまうことって、あると思うんです。

外国人相手にそれをすると、改善が見られなかったり、訴えられる場合もあると教わりました。

では、アメリカ人を叱る時にはどのように行えば良いのでしょうか。

失敗した本人に原因を分析させ、解決策を考えさせることが大事だと教わりました。

状況の深刻さを認識させる必要がある場合は、まず厳しく言う。笑顔はいらないし、単刀直入に本題に入る。今回の件で自分がどれだけ落胆しているのか、今回の失敗で今後どのような影響が会社に及ぶのかを伝えつつ、声のトーンや目線、チェスチャーを上手く操り、相手にプレッシャーを与える。ピリピリした雰囲気を、あえて作り出すんです。

でも、それだけじゃ全く建設的じゃない。相手に事の重大さを認識させたら、今度は相手に寄り添う――一緒に問題を解決したい、と意思表明するんです。そして、解決策を相手に考えさせる。

解決策が出揃ったら、最後に必ず復唱させる。文化が異なる相手と認識違いが起こることを避けるため、最終確認は必ず行うよう、先生から指導されました。

講師から繰り返し「”怒る”と”叱る”は違う。”叱る”は、言わなければいけないことはきちんと言うし、厳しくすべきところは厳しくするけど、それはあくまで部下を建設的な方向に導いてあげるため。”怒る”と”叱る”の違いが曖昧だと、良い人になろうとして厳しい態度で臨めなくなる。」と言われました。

関連記事:ビジネス英語講座:部下を叱るときには

充実した2週間を過ごせたのですね。卒業後の学習計画を聞かせてください。

Reading and Writing」で気づいた表現力の課題を克服するために、目に入ったものを頭のなかで英語で描写する訓練を行う予定です。

Business Coaching」 では、叱る以外にもさまざまなシチュエーションでの振る舞いを学びました。会社で実践して反応を確かめるつもりです。

ありがとうございました。

関連記事:英語の独り言」学習について3つの効果を解説します。