Slide background

PHONICS AND PRONUNCIATION

Slide background

あなたの英語、ちゃんとEnglishに聞こえてる?

日本人の発音はネイティブからどう聞こえるのか

コンビニエンスストアやファミレスなどで、外国人の店員を多数見かけるようになりました。どの人も日本語がかなり流暢で、聞き返すことなど滅多にありません。

それでは翻って、僕ら日本人の発音はどうでしょうか?

一発でネイティブに通じ、聞き返されずに済むでしょうか?

残念ながらなかなかそうはいかないのはご存知の通りです。日本語と英語ではあまりにも発音が違うため、日本語のアクセントを引きずって発音すると、しばしば英語として認識してもらえないのです。

カタカナ英語でも問題ない?

よく、「別にカタカナ英語だって構わない」という声も耳にします。これは本当でしょうか?

実はこれが当てはまるのは、日本人がお客さんで、なおかつ相手が日本人の英語に慣れている場合だけです。こちらがサービスを提供する側だったり、相手があまり外国人に接したことがないと、カタカナ英語は悲惨なぐらい通じません。

そして「何か知性に問題があるのでは?」とか「本当にビジネスをやる気があるのか?」と疑われてしまい、まとまる商談もまとまらなくなってしまうのです。大半の日本人の発音はかなり悲惨で、商談はおろか、コンビニでの買い物やレストランでの注文さえままならないレベルなのです。

考えてみればほとんどの日本人は一度も発音を習ったことがないので仕方がありませんが、本当に残念なことです。

発音を最初にクリアするメリット

これから英語学習を始める方には、まず最初に発音をクリアしてしまうことを強くオススメします。すべての言語は「音」から始まっています。音を意味のある形で繋いだものが、単語や文章なのです。ですから、それぞれの音が正確に発音できないと、どんなに文法や単語を知っていても、会話が成立しないのです。   ちなみに、発音を最初にクリアすると、このような効果が期待できます。

発音を最初にクリアするメリット

これから英語学習を始める方には、まず最初に発音をクリアしてしまうことを強くオススメします。すべての言語は「音」から始まっています。音を意味のある形で繋いだものが、単語や文章なのです。ですから、それぞれの音が正確に発音できないと、どんなに文法や単語を知っていても、会話が成立しないのです。   ちなみに、発音を最初にクリアすると、このような効果が期待できます。

喋るのが楽になる

英語を喋るときには、発音、単語や言い回しの選択、正確な文法の運用など、さまざまなことが頭の中を駆け巡ります。しかし発音をマスターしていると、悩むことが一つ減るために、喋ることへの精神的な負担が大幅に軽減されます。

また、発音がまずくて通じないことも減るので、会話自体もスムーズになり、心が折れにくくなります。

リスニングにも効く

発音が向上すると、リスニングも楽になります。

日本語にない音も聞き分けられるようになり、聞き間違いも減りますし、音の繋がりも無理なく理解できるようになります。

リーディングにすら効く(心の中でコネクション)

発音が向上すると、リーディングさえ向上します。

人間というのは例え黙読しているときにでも、文字を何かしらの音にマッピングして理解しています。このマッピングがカタカナ英語から正しい発音の英語へと切り替わるため、リーディングがスムーズになります。

tri

日本語と英語は、違いが大きい言語です。例えば日本語には音素が22しかありませんが、英語には倍以上の48もあります

このほかにリズムの取り方も大きく違いますし、それどころか、発声の仕方さえかなり違うのです。重要なポイントをいくつか挙げてみましょう。

英語は母音が命

英語は母音が命

まず、英語には日本語にはない母音がたくさんあります。日本語の母音は5種類しかありませんが、英語の母音は18種類もあります。

リズムが整う

また、英語と日本語ではリズムの取り方が大きく違います。日本語は基本的に一つ一つの音節(一つの音のかたまり)が必ず母音で終わりますが、英語はむしろ逆で、母音は子音の間に挟まれています。

このため、英語と日本語ではまるでリズムが変わってしまうのです。英語は母音でリズムをとって話す言語ですから、母音の発音が間違っていたり、余計な母音が入っていたりすると、極めてシンプルなmapやbank などといった単語さえ通じなくなってしまうのです。

特にカタカナ英語で発音すると全く通じない単語がたくさんあります。上に挙げたトンネルやマクドナルドはその典型例です。あまりにリズムが変わってしまうために、理解してもらえなくなってしまうのです。

メリハリがついて、英語らしく聞こえるようになる

母音がマスターできると、メリハリがついて途端に英語らしく聞こえるようになります。ですからまず最初にクリアすべきなのが、母音の発音なのです。

まず、英語には日本語にはない母音がたくさんあります。日本語の母音は5種類しかありませんが、英語の母音は18種類もあります。

リズムが整う

また、英語と日本語ではリズムの取り方が大きく違います。日本語は基本的に一つ一つの音節(一つの音のかたまり)が必ず母音で終わりますが、英語はむしろ逆で、母音は子音の間に挟まれています。

このため、英語と日本語ではまるでリズムが変わってしまうのです。英語は母音でリズムをとって話す言語ですから、母音の発音が間違っていたり、余計な母音が入っていたりすると、極めてシンプルなmapやbank などといった単語さえ通じなくなってしまうのです。

特にカタカナ英語で発音すると全く通じない単語がたくさんあります。上に挙げたトンネルやマクドナルドはその典型例です。あまりにリズムが変わってしまうために、理解してもらえなくなってしまうのです。

メリハリがついて、英語らしく聞こえるようになる

母音がマスターできると、メリハリがついて途端に英語らしく聞こえるようになります。ですからまず最初にクリアすべきなのが、母音の発音なのです。

日本語にない子音を学ぶ

日本語にない子音を学ぶ

母音がクリアできたら、次は日本語にない子音の発音をマスターします。/l/と/r/や/b/と/v/など、日本人が混同しやすい音を特に重点的に修正をかけていきます。ここまでができれば、聞き返されることはほとんどなくなります。

子音を間違えると理解してもらえなかったり、誤解を受けることも

例えば、/θ/(無声音のth)と/s/を取り違えるとthink(考える)が sink(沈む)になってしまったり、right(右、正しい)と言ったつもりが light(光、軽い)と伝わってしまったりします。このほか、rice(お米)と lice(シラミ)なども割と間違えやすい例です。また hook(フック)と言ったつもりが fook のように聞こえて、全く通じないなどといったことも起こりがちです。

不要な誤解や混乱を避けるためにも、子音の発音をマスターすることは大切です。ここまでができれば、聞き返されることはほとんどなくなります。

母音がクリアできたら、次は日本語にない子音の発音をマスターします。/l/と/r/や/b/と/v/など、日本人が混同しやすい音を特に重点的に修正をかけていきます。ここまでができれば、聞き返されることはほとんどなくなります。

子音を間違えると理解してもらえなかったり、誤解を受けることも

例えば、/θ/(無声音のth)と/s/を取り違えるとthink(考える)が sink(沈む)になってしまったり、right(右、正しい)と言ったつもりが light(光、軽い)と伝わってしまったりします。このほか、rice(お米)と lice(シラミ)なども割と間違えやすい例です。また hook(フック)と言ったつもりが fook のように聞こえて、全く通じないなどといったことも起こりがちです。

不要な誤解や混乱を避けるためにも、子音の発音をマスターすることは大切です。ここまでができれば、聞き返されることはほとんどなくなります。

イントネーション・アクセント・リダクション

イントネーション・アクセント・リダクション

最後にクリアするのはイントネーションやアクセントの付け方、あるいは音の省略の仕方(リダクション)です。これをクリアすると次の2つが身につきます。

感情が正しく伝わるようになる

感情を乗せるのに重要な役割を果たすのが、正しいイントネーションとアクセントの使い方です。何を強調したいのか。どんな気持ちを伝えたいのかに注意しながら、適切なイントネーションやアクセントを用いて、感情を乗せて話す練習をします。

より英語らしく、ナチュラルな発音になる

さらにより英語らしく、ナチュラルに話すのに欠かせないのが、適切なリダクション(音声の脱落)です。英語というのは、たくさん息を使いながら、繋げて話す言語です。ですから、リダクションをマスターすると、単語や文章を滑らかに繋げるようになります。

最後にクリアするのはイントネーションやアクセントの付け方、あるいは音の省略の仕方(リダクション)です。これをクリアすると次の2つが身につきます。

感情が正しく伝わるようになる

感情を乗せるのに重要な役割を果たすのが、正しいイントネーションとアクセントの使い方です。何を強調したいのか。どんな気持ちを伝えたいのかに注意しながら、適切なイントネーションやアクセントを用いて、感情を乗せて話す練習をします。

より英語らしく、ナチュラルな発音になる

さらにより英語らしく、ナチュラルに話すのに欠かせないのが、適切なリダクション(音声の脱落)です。英語というのは、たくさん息を使いながら、繋げて話す言語です。ですから、リダクションをマスターすると、単語や文章を滑らかに繋げるようになります。

改善するためには何をすればいいのか?

改善するためには何をすればいいのか?

発音は習わないと習得が極めて困難

大人になってから耳だけを頼りに発音をマスターするのは極めて困難です。ほとんどの人は思春期を過ぎると、母国語にない音を聞き分ける能力を失ってしまうため、耳でコピーすることができなくなってしまうからです。ですので、割り切って習ってしまった方が結局は近道です。

プロの指導で迷わずに学習

プロの講師に習うと、自分が正しく発音できているのか判断してもらえるため、迷いを振り払って効率よく学習を進めることができます。

発音は習わないと習得が極めて困難

大人になってから耳だけを頼りに発音をマスターするのは極めて困難です。ほとんどの人は思春期を過ぎると、母国語にない音を聞き分ける能力を失ってしまうため、耳でコピーすることができなくなってしまうからです。ですので、割り切って習ってしまった方が結局は近道です。

プロの指導で迷わずに学習

プロの講師に習うと、自分が正しく発音できているのか判断してもらえるため、迷いを振り払って効率よく学習を進めることができます。

選べる学習スタイル

stype1

Brighture公式書籍「日本人のための一発で通じる英語発音」を利用し、スキマ時間を使い書籍でマイペースに学ぶ。

stype2

英語を勉強したいけれどセブに留学する時間はない、日々の生活の中で継続的に英語学習に取り組みたいという方向け。

stype3

最短1週間からの短期留学で集中して発音を学ぶ。もちろんマンツーマンレッスンなのでじっくりしっかりと学べます。