【フィリピン/セブ留学】変圧器は必要?日本とフィリピンのコンセント・電圧の違い

海外渡航時に忘れがちなのがコンセントの問題。

海外生活に慣れている方にとってはお馴染みの話かもしれませんが、初めて海外に渡航する方はあまりピンとこないと思います。今回は、フィリピン留学前に確認しておきたい、コンセント問題についてお伝えしたいと思います。

フィリピン留学する際に必要な電化製品

b-blog-91-image1

日本から持参する電化製品で代表的なものは、

ノートパソコン
携帯電話
デジカメ
電子辞書
ドライヤー

などがあげられます。ちなみにBrightureの授業ではITを取り入れているので、ノートパソコンやタブレット端末をお持ちの方には日本から持参してもらいます。

さて、これらの電化製品ですが、そのままフィリピンで使用できると思いますか?実は、海外に電化製品を持参する場合、「コンセントの形状」「電圧」をチェックする必要があります。

フィリピンの電圧と日本の電圧の違い

b-blog-91-image2

各国によって使用されている電圧が異なるのはご存知でしょうか?みなさんが留学するフィリピンの電圧は220Vとなっていますが、実は日本の電圧は100Vです。電圧が異なる国では、日本の電化製品をそのまま使用することはできません。電圧を変換する変圧器が必要となります。

ただし、ノートパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器の場合は、ACアダプターに変圧機能が搭載されていることもあります。変圧機能が搭載されているかどうかは、ACアダプターの表記を確認してみてください。

ACアダプターに「100-240V」と記載があった場合、100Vから240Vの電圧で使用可能ということですので、220Vの電圧のフィリピンでも使用可能というわけです。留学前は持参する電化製品のACアダプターを確認して、必要であれば変圧器を用意しましょう。

ドライヤーは現地購入のほうが良い?

b-blog-91-image3

日本のドライヤーは220Vの電圧に対応していないため、フィリピンで使用することで故障したという声をよく聞きます。日本から持参したドライヤーを使用する場合は必ず変圧器を使用してください。変圧器の種類によってはドライヤーに対応していないものもあるようです。変圧器を日本で購入する際には、ドライヤーやヘアアイロンに対応しているかをお店の人に必ず確認しましょう。

これは私の個人的な意見ですが、変圧器はそこそこ大きく重さもあるので、変圧器が必要な電化製品がドライヤーだけであれば、現地で購入してもいいかもしれません。Brightureなら教室が入っているモールでドライヤーを購入できます。値段は1000P(2500円)ほどです。また、数に限りはありますが、ブライチャーでも貸し出しは可能です。

フィリピンのコンセントの形状は?

b-blog-91-image4

もう一つ確認しなければいけないのがコンセントの形状です。国によってコンセントの形状が異なるため、日本から持ち込んだ電化製品のプラグが差し込めないこともあります。渡航する前に必ずその国のコンセントの形状を確認しましょう。

フィリピンの場合は日本とコンセントの形状が同じなので、そのまま差し込むことが可能です。中には違う形状の差し込み口もありますが、ごく稀なケースです。Brightureの教室や宿泊施設であるBigHotelでは、日本と同じ形状のコンセントが使用されています。

さて以下がまとめとなります。

①デジタル機器はACアダプターが変圧機能を持っている。ただし要確認。
②ドライヤーは現地購入、もしくはBrightureから借りるのがお勧め。変圧器を使用する場合は、ドライヤーに対応しているか確認する。


この点をしっかり確認し、フィリピン留学後に困らないようにしましょう。

佑樹 中西
yuki-nakanishi@brighture.jp

1985年大阪府出身。高校在学中からミュージシャンとして活動し、その後アパレル系企業に就職。2008年に不動産業に転職。大前研一氏のBBT大学に通いながらもトップクラスの業績を収める。その後、元Appleの松井博氏との出会いを経て海外経験ゼロにして語学学校、Brighture English Academyを創業。また日本では、不動産業界のレベルUPを目的とした株式会社THREEも経営。中西佑樹ブログはこちら