英語が伸び悩んでるあなたへ。本質的な英語のレベルアップに欠かせないこと

ブライチャーの松井博です。多くの英語学習者が気になる英語上達法。しかし、英語学習者が自分なりの勉強を続けても、最終的には頭打ちとなり苦労することも多々あります。そこで今回は「英語の本質的な上達に絶対に欠かせない大切なこと」についてお話ししたいと思います。

コツコツ英語を勉強しても、やがて頭打ちがやってくる

巷には英語上達のためのさまざまな学習法や指南書があふれています。そしてどの本にも、それなりにためになることが書かれています。しかしなぜか、多くの人がTOEIC700点あたりで停滞してしまうのです。あるいはTOEIC900点を超えたのに、いざしゃべろうとすると頭が真っ白になってしまう、などという人もたくさんいます。

みなさん、本当によく勉強しています。語彙、リスニング、音読、シャドーイングなどなど、巷で効果があるとされている学習方法はすべてやり込んできた人も少なくありません。それなのに、なぜこうして伸び悩んでしまうんでしょうか?

いったい何が欠けているのでしょうか?

実は、同じことを指摘している人がいます。それは、楽天の執行役員を務める野田公一さんです。


そうそう、まったくその通りです。ブライチャーにもこうして伸び悩んでいるかたがたくさん来ます。そして、これらの人たちに共通して欠けていることがあります。

それは、「英語で考える」訓練です。

英語で考えて、英語で即発信する。これができなければ「英語が話せる、使える」とは言えません。前述の野田さんも全く同じことをおっしゃっています。


ではどうしたら「英語で考える」力を身に付けることができるのでしょうか? ここではブライチャーで実施している方法を紹介しましょう。

英語での1分間即興スピーチ

ブライチャーでは、時間制限を設けた即興スピーチを頻繁に繰り返します。例えば『one-on-one Listning and Speaking』では、1分間で決められたテーマについてしゃべってもらったり、絵の描写をしてもらったり、数枚のスケッチからストーリーを作ってもらって即興で話してもらったりします。

この時に大切なのは「時間制限を設ける」ということです。時間無制限でやると、緊張感が発生しないため、頭の中で延々と翻訳作業を行いながらしゃべることになります。そして口をついて出るのは、「あ〜〜」「う〜〜」と間延びした反応です。思考は日本語、口から出てくるのは英語といった状態が続いているのです。これでは、英語で思考する回路がいつになってもできてきません。再び野田さんの言葉。


この学習法、時間の差こそありますが、まさしくブライチャーで実践している方法です。ブライチャーの方式はここからさらに一段掘り下げたものです。、こうしてしゃべった内容を記録し、先生と生徒の共同で精査します。そして同じ内容であと2回、合計3回トライします。

時間制限と先生による精査、この2つのプレッシャーが適度な緊張感を生み、脳のフル回転を促します。これを繰り返すことで、比較的短期間に英語で考える能力を養うことができるのです。

もしも伸び悩んでいたら……

もしもいま英語学習で煮詰まっていたら、こうした時間制限付きでのアウトプットの訓練、強くお勧めします。時間制限を設けて書いてみるのも優れた訓練方法です。

でも、そんなふうに自分を追い込めない。そんなあなたは、ブライチャーに来て、一気に壁を越えてみませんか?

博 松井
hiroshi.matsui@brighture.jp

著書に『僕がアップルで学んだこと』『企業が「帝国化」するアップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔』などがある。2009年まで米国のアップル本社にシニアマネージャとして勤務。大学や企業での講演も多数。