スマホの文章読み上げ機能を英語学習に生かそう!

今回は iPhoneまたは iPad にテキスト読んでもらいながらリスニングの学習をする方法を紹介したいと思います。

英語のリスニングをトレーニングするには、ラジオ番組を聴いたり、オーディオブック聴いたり、テレビ番組や映画、あるいはユーチューブの映像を視聴するなど、様々な方法があります。中でもオーディオブックはかなりオススメです。オーディオブックを使えば、例えば車の運転中や通勤電車の中でも、リスニングの学習を続けることができるからです。

ただ、購入したオーディオブック以外にも、ブラウザで読むことができる英語の記事などをリスニングの教材として使い人も多いのではないかと思います。npr.org などのサイトでは、かなりの数の記事がオーディオでも用意されていますが、全ての記事が網羅されているわけではありません。ではこのような記事をリスニングの教材として使うことはできないのでしょうか?

実は iOSを使えば、おおよそ iPhone上に表示できるテキストデータであれば、ほとんどなんでも読みあげてもらうことが可能です。iBooks やKindleで購入した書籍を読んだり、ニュースサイトの英語記事などを読んでもらうことが可能です。機械が読み上げる声なので決してナチュラルな音声とは言えませんが、読み上げ機能による誤読や発音の不自然さはここ数年で劇的に減り、かなり自然に読み上げることが可能となってきています。はっきりいって、初心〜中級者であれば、十二分にリスニングのトレーニングになるレベルです。また、読み上げなスピード調節することもできるので、自分の実力にあったスピードで英文を読んでもらうことが可能です。

読み上げ機能を設定する

それではこの読み上げ機能の設定の方法を紹介しましょう。

まず最初に設定アプリを開き、「一般」を選びます。次に「アクセシビリティ」を選択し、そこからスピーチを選択します。


「画面の読み上げ」の両方をオンにします。また、「文字を強調表示」をオンにすることをオススメします。すると現在読み上げている単語や文章をハイライトすることが可能だからでです。僕は単語だけをハイライトしています。なお、「選択項目の読み上げ」をオンにしておくと、選んだ単語や文章だけを読んでもらうことが可能になるので、知らない単語の発音を確認するときなどに使えます。このやり方については、またあとで紹介します。

音声を変えてみる

なお、読み上げに使う音声を変えることもできます。色々と音声を試してみましたが、「Smantha(拡張)」の声が一番ナチュラルな印象を受けました。なお、この読み上げ機能を使うと、日本語の文章を読み上げてもらうことが可能です。日本語の文章はOtoya(拡張)という声が聞き取りやすく感じました。ダウンロードしなければなりませんが、iPhoneの容量に余裕がある人はぜひダウンロードしてみてください。

実際に使ってみる

それでは実際に使ってみましょう。まず Safari で何か読みたい英語の記事を探します。ここではとりあえずnpr.orgというニュースサイトに行ってみましょう。そして、いずれか記事を選択します。

記事が表示されたら、画面の最上部から下に向かって日本指でスワイプします。すると画面上に音声読み上げ機能を操作するためのパネルが表示されます。

左端のカメのマークをタップすると、読み上げるスピードを遅くすることができます。右端のウサギのアイコンをタップすると、読み上げのスピードを速くなります。自分に合ったスピードに調節してみてください。真ん中の再生ボタンを押すと一時停止です。左上の「左矢印」をタップすると。この操作パネルを隠すことができます。この状態で他のアプリを使用しても、読み上げは継続して行われます。ですので、例えばニュースを聴きながらメールをチェックするなどといった使い方が可能です。

右上端のXマークをタップすると、読み上げ機能が終了します。

単語の読み方を確認したい

また iPhone で記事を読んでいる最中に知らない単語に遭遇したので、意味を調べたり単語の発音を確認したいこともあるでしょう。このような場合には、知らない単語を長押しして、選択します。すると、単語のすぐ下にメニューが選択されますので、左右矢印どちらかの矢印をタップし、「読み上げ」というメニュー項目を選択してください。すると、その単語が読み上げられます。また、「調べる」という項目を選択すると、その単語の意味を調べることができます。


具体的にどう使えばいいの?

僕がオススメする使い方は、文字を目で追いながら一緒に iPhone に読んでもらう方法です。こうすると、音とテキストを一致させる良い訓練になります。

ただしこの学習方法は、あくまでサプリメントとして用いるべきやり方です。これだけやっていれば確実にリスニングが向上する、といった類いのものではありません。リスニングの向上には、ちゃんと人間がしゃべっているテレビ番組や映画、ユーチューブビデオを視聴する方が、ずっと有効です。

以上、IOSの文章読み上げ機能を使ったリスニングの勉強方法でした。ぜひ英語学習に役立ててください。

関連記事:スマホを利用して英語学習する12の方法を公開【英語のプロが解説】

博 松井
hiroshi.matsui@brighture.jp

著書に『僕がアップルで学んだこと』『企業が「帝国化」するアップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔』などがある。2009年まで米国のアップル本社にシニアマネージャとして勤務。大学や企業での講演も多数。