Simple Pleasures, Great Learnings 〜 ささやかな幸せ、大きな学び

I’m a girl of simple pleasures. All I want is to wake up every day with perfect hair, consume copious amounts of junk food without getting fat and spend my every weekend marathoning Criminal Minds. Oh, and world peace! I don’t know about you but I don’t think that’s asking for too much.

私はささやかな幸せに惹かれる女。私が望むのは、毎朝完璧なヘアスタイルで目覚め、大量のジャンクフードを食べても太らず、週末に『クリミナルマインズ』を観まくること。あ、あと世界平和!あなたがどうかは知らないけど私は多くを求めないタイプなんだ。

I don’t believe in happiness being an elusive gem that one can achieve only by completing a bloody crusade. In fact, I think it is in the simplest of things and the most unexpected of circumstances – a Friday dinner for example, with wonderful people who share your love for learning, good conversation and good beer.

幸せは、血みどろの戦いの後にしか得られない、そうそう手に入らない宝石だなんていう話を私は信じない。「幸せ」はとてもシンプルな、そして意外なところにさりげなくあると思う 〜 例えば、金曜の夜に学びへの情熱を共にする人々との会話や、おいしいビールなどなどだ。 



In an effort to bring students together for a celebration of camaraderie and, apparently, to find Mr. Nakanishi some friends in Tokyo, Brighture recently organized a gathering. Before I say anything more, let me have you know that having this marvellous guy as a friend would be an absolute delight – just be sure that you have the tolerance for his excessive curry consumption and perpetually sunny disposition. In the homey KOOP Cafe of scenic Nakameguro, I had the pleasure of sharing stories and toasts with our remarkable graduates – ending the night with a lot of learnings. The first of which is that I should wear a placard the next time I attend one of these gatherings. Hopping from one group to another, I was asked to (not that I minded) recap every detail of how I met my husband, when I started living in Tokyo, which places I have visited, how my wedding went, where I live, what I have been doing (the answer to which is an embarrassing head scratch and a whisper of ‘..watching movies’) and what Japanese food I like. I am actually tempted to prepare and distribute censored copies of my planner and diary the next time I meet with students.

Brightureは最近、同窓会を企画した。Brightureで共に学んだ人々の親睦を深めるためだ。でも本当の目的は、どうやら創業者中西氏の東京での友達を見つけることだったらしい。
さらに話を続ける前に、是非みなさんにお知らせしておきたいことがある。中西氏という素晴らしい男性を友達として持つことは疑う余地のない喜びであるということを。ただし、彼のとてつもないカレーの消費量と一年中常に陽気な性格にあなたが耐えられるならだ。おしゃれな街、中目黒にあるアットホームな雰囲気のKOOPカフェで、私はすばらしい卒業生たちと乾杯し、おしゃべりに興じることができた 〜 たくさんの学びとともに夜を終えながら。

その「学び」の第1番目は、次回からはプラカードを胸につけてのこれらの集まりのひとつに参加することだ。あちこちのテーブルを渡り歩くたびに、皆から夫との馴れ初めについての詳細を尋ねられた(※別に気にしてはいない)私がいつから東京に住み始めたか、訪れたことのある場所、結婚生活はどうか、どこに住んでるか、来日以来毎日何をしているか(この答えは恥ずかしいかぎりでなので、頭を掻きながら「映画を観てた……」とお茶を濁した)、それから、どんな日本料理が好きかなどなど。次に卒業生さんたちに会うときは、私の監督者(夫)の検閲を通ったプリントと日記でも配ろうかと思ってる。



I also learned that every great pursuit requires astounding effort. Hearing how difficult it is to maintain a decent English education while living in Tokyo and the work that graduates have to put up in order to continue learning is truly inspiring. Labouring for no less than ten hours a day, facing gruelling commutes and meeting tremendous job demands, they still make it a point to spend hours honing their English skills. I, on the other hand, respond to my husband’s every effort of communicating to me in Japanese with ‘日本語しゃべれない’ – probably the only Japanese sentence I have mastered so far (other than ’お腹すいた’).

私がさらに学んだのは、何かを追い求めるということは、それが何であれ、とてつもない努力を要するものだということだ。卒業生たちが東京で暮らし、仕事をしなががらキチンと英語を学び続けるためにどれだけの忍耐を強いられるのか、持続するということがどれだけ難しいかを知って、本当に刺激を受けた。

1日10時間は働いて、ヘトヘトになるような通勤、途方もない仕事上での要求、それでもなお彼らは必ず英語のスキルを磨くための時間を使う。それなのに私は、夫の『私と日本語で会話をする』というすべての努力を『日本語シャベレナイ』の一言で片付けている…… 『日本語シャベレナイ』は、おそらく今までに習得した唯一の日本語の文だ….『オナカスイタ』を除いて。

But then, last Friday also taught me that every great pursuit is a merry adventure. It would bring you to places you never thought existed, help you build friendships with people you never knew you would meet and fuel dreams you never thought you would achieve. It is astounding to realize that on that cold spring night, in a cute cafe in the busiest Japanese city, people came together – people whose paths are now intertwined because of the love for a language.

でも「何かを追い求める」ということは、辛いばかりではなく愉快な冒険なのだということを先週の金曜日の集まりは私に教えてくれた。 何かを追い求めるという行為は、あなたを思ってもいなかった場所へ連れて行ってくれ、それまではまったく知りもしなかった人たちとの友情を築く手伝いをしてくれるし、あなたが達成するだなんて思いもしなかった夢の炎に薪をくべるてくれる。 考えてみれば、すごいことだよね。寒い春の夜に、日本の最も忙しい街の素敵なカフェで、人々が集っている 〜 それぞれの人生の道が、今ここで「英語への愛」という共通項によって絡まり合っているのだ。



My final takeaway from the evening? Beer is always the best celebration – a cold mug with the coolest of people.

私のこの夜の最大の学びはって? ビールはいつも最高の祝福だってこと 〜 クールな人たちと交わす、クールなジョッキ。

博 松井
hiroshi.matsui@brighture.jp

著書に『僕がアップルで学んだこと』『企業が「帝国化」するアップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔』などがある。2009年まで米国のアップル本社にシニアマネージャとして勤務。大学や企業での講演も多数。