レッスン内容

Brightureのオンラインクラスで
受講可能なレッスンは下記の通りです。

  • Counseling Service

    CS:Counseling Service(全レベル対象※)

    「具体的に自分のどの部分が弱いのか客観的に把握したい」
    「オンラインレッスンを受けているが、自分にあったレッスンがわからない」
    「伸び悩んでいて、どうやって勉強したらいいかわからない…」

    英語学習の悩みを解消するための学習カウンセリングのセッションです。
    経験豊富なフィリピン人講師とのカウンセリングを通じて、現在の課題を明確にし、どのように学習を進めていけばよいか、またMyBrightureどうご利用いただくとより効果的かなどを提案させていただきます。カウンセリング終了後に、フィードバックの内容をまとめたカウンセリングレポートを48時間以内にお送りします。

    ※なお、カウンセリングセッションとカウンセリングレポートはすべて英語で実施・作成されますのでご注意ください。 詳細はこちらをご確認ください。

    「具体的に自分のどの部分が弱いのか客観的に把握したい」
    「オンラインレッスンを受けているが、自分にあったレッスンがわからない」
    「伸び悩んでいて、どうやって勉強したらいいかわからない…」

    英語学習の悩みを解消するための学習カウンセリングのセッションです。
    経験豊富なフィリピン人講師とのカウンセリングを通じて、現在の課題を明確にし、どのように学習を進めていけばよいか、またMyBrightureどうご利用いただくとより効果的かなどを提案させていただきます。カウンセリング終了後に、フィードバックの内容をまとめたカウンセリングレポートを48時間以内にお送りします。

    ※なお、カウンセリングセッションとカウンセリングレポートはすべて英語で実施・作成されます。 詳細はこちらをご確認ください。

  • Phonics and Pronunciation

    Phonics and Pronunciation(全レベル対象)

    どんなに中身がある話でも、文法が正しくても、発音が悪いと言いたいことが相手に伝わりません。Phonics and Pronunciationは、多くの日本人が一度も習ったことがない英語の発音を、正しく身に付けるためのクラスです。

    授業では、発声方法、母音、リズム、問題の多い子音(l, r, v. f, w, wh, th, s, sh)、音を聞いてスペルを当てる練習、初見の単語を正確に発音する練習などを行います。日本人が間違いやすい音にフォーカスすることで、効率よく正しい発音を身につけます。

    また、学習の補助教材として、こちらの書籍のご利用をお勧めしています。

    日本人のための一発で通じる英語発音』

    発音記号は教えてくれないの?

    ネイティブスピーカーは発音記号など知りませんが、それでもスペルから類推して正しい発音で読むことができます。それはちょうど、日本人が漢字の読み方を知らなくても、なんとなく類推して読めるのと同じことです。このクラスで目指すのは、同じ能力を身につけることです。初めて見た地名や料理の名前、あるいは人名など、辞書を引かずにその場で発音できないと困る場面はたくさんあります。ですので、ブライチャーではあえて発音記号は教えていません。

    Phonicsを学ぶ

    その代わりにPhonicsというスペルと発音を一致させるためのルールを教えています。Phonics はアメリカの小学校や幼稚園の授業に取り入れられています。この方法を学ぶことで、日本人でもスペルから発音の類推ができるようになります。

    発声、単語、そして文章へ

    このクラスでは、まず発音練習の前に「発声」の訓練をします。日本人は口先だけでボソボソとしゃべる人が多いので、お腹から正しく発声し、喉、舌、口内の奥の方なども使って声を出せるよう訓練をします。 次は母音、リズム、問題の多い子音(l, r, v. f, w, wh, th, s, sh)に取り組み、ネイティブに一発で通じる音を身につけていきます。

    どんなに中身がある話でも、文法が正しくても、発音が悪いと言いたいことが相手に伝わりません。Phonics and Pronunciationは、多くの日本人が一度も習ったことがない英語の発音を、正しく身に付けるためのクラスです。


    講師とマンツーマンで発音の矯正、向上を図るクラス。発声方法、母音、リズム、問題の多い子音(l, r, v. f, w, wh, th, s, sh)、文章表現における音のつなぎ方、の順番に学習します。日本人が間違いやすい音にフォーカスすることで、効率よく正しい発音を身につけます。

    また、学習の補助教材として、こちらの書籍のご利用をお勧めしています。

    『日本人のための一発で通じる英語発音』

    発音記号は教えてくれないの?

    ネイティブスピーカーは発音記号など知りませんが、それでもスペルから類推して正しい発音で読むことができます。それはちょうど、日本人が漢字の読み方を知らなくても、なんとなく類推して読めるのと同じことです。このクラスで目指すのは、同じ能力を身につけることです。初めて見た地名や料理の名前、あるいは人名など、辞書を引かずにその場で発音できないと困る場面はたくさんあります。ですので、ブライチャーではあえて発音記号は教えていません。

    Phonicsを学ぶ

    その代わりにPhonicsというスペルと発音を一致させるためのルールを教えています。Phonics はアメリカの小学校や幼稚園の授業に取り入れられています。この方法を学ぶことで、日本人でもスペルから発音の類推ができるようになります。

    発声、単語、そして文章へ

    このクラスでは、まず発音練習の前に「発声」の訓練をします。日本人は口先だけでボソボソとしゃべる人が多いので、お腹から正しく発声し、喉、舌、口内の奥の方なども使って声を出せるよう訓練をします。 次は母音、リズム、問題の多い子音(l, r, v. f, w, wh, th, s, sh)に取り組み、ネイティブに一発で通じる音を身につけていきます。

  • Speech Fluency

    Speech Fluency(全レベル対象)

    個々の単語を集中して練習していると正しく発音できるのに、実際の会話になると途端にカタカナ英語に戻ってしまう人がたくさんいます。この授業では実際に流れの中で発話しても、それぞれの音素が正しく発音できるよう練習します。また、単語と単語のつなぎ方やアクセントやイントネーションの実際の運用を体で覚えていきます。

    PP(Phonics & Pronunciation)との違い

    PP(Phonics & Pronunciation)のクラスでは個々の音素、そして単語レベルでの正しい発音の習得を目指します。一方Speech Fluencyでは、会話の中で適切なアクセントやイントネーションを用い、単語を自然に繋げ、より滑らかに話すことを目指します。

    会話練習、スピーチ、そして即興スピーチへとステップアップ

    このクラスでは、まずダイアログ(会話例文)から入り、より自然で、滑らかな話し方を練習します。そして有名人のスピーチや映画の名セリフなどといった、より高度な話し方へとチャレンジしていきます。最終的には即興での会話やスピーチでも、正しい発音はもちろんのこと、適切なアクセントやイントネーションを用い、感情表現を伴った自然な話し方の体得を目指します。

    個々の単語を集中して練習していると正しく発音できるのに、実際の会話になると途端にカタカナ英語に戻ってしまう人がたくさんいます。この授業では実際に流れの中で発話しても、それぞれの音素が正しく発音できるよう練習します。また、単語と単語のつなぎ方やアクセントやイントネーションの実際の運用を体で覚えていきます。

    PP(Phonics & Pronunciation)との違い

    PP(Phonics & Pronunciation)のクラスでは個々の音素、そして単語レベルでの正しい発音の習得を目指します。一方Speech Fluencyでは、会話の中で適切なアクセントやイントネーションを用い、単語を自然に繋げ、より滑らかに話すことを目指します。

    会話練習、スピーチ、そして即興スピーチへとステップアップ

    このクラスでは、まずダイアログ(会話例文)から入り、より自然で、滑らかな話し方を練習します。そして有名人のスピーチや映画の名セリフなどといった、より高度な話し方へとチャレンジしていきます。最終的には即興での会話やスピーチでも、正しい発音はもちろんのこと、適切なアクセントやイントネーションを用い、感情表現を伴った自然な話し方の体得を目指します。

  • Everyday Speech

    Everyday Speech(初心者向け)

    「お店で値切るときにはなんて言えばいいんだろう?」
    「病院に行ったときには、自分の症状をなんて説明すればいいんだろう?」

    日本語だったら考えなくても言えるような簡単なことが、いざ英語で言おうとすると言えないものです。そんな悩みを解消するために、日常生活で頻繁に使う表現を滑らかに発話できるように訓練するクラス。

    レッスン内容の詳細
    Lesson 01:   I can understand and say numbers
    Lesson 02:   I can tell the time
    Lesson 03:   I can say days and dates
    Lesson 04:   I can say countries and nationalities
    Lesson 05:   I can use classroom vocabulary
    Lesson 06:   I can ask and answer questions about language
    Lesson 07:   I can give personal information
    Lesson 08:   I can talk about my family
    Lesson 09:   I can describe physical actions
    Lesson 10:   I can describe people
    Lesson 11:   I can talk about characters
    Lesson 12:   I can describe relationships
    Lesson 13:   I can say how I feel
    Lesson 14:   I can talk about illness
    Lesson 15:   I can buy clothes
    Lesson 16:   I can order in a restaurant
    Lesson 17:   I can invite people and make suggestions
    Lesson 18:   I can use the phone,say sorry and respond
    Lesson 19:   I can ask and give directions
    Lesson 20:   I can book a hotel room

    「お店で値切るときにはなんて言えばいいんだろう?」
    「病院に行ったときには、自分の症状をなんて説明すればいいんだろう?」

    日本語だったら考えなくても言えるような簡単なことが、いざ英語で言おうとすると言えないものです。そんな悩みを解消するために、日常生活で頻繁に使う表現を滑らかに発話できるように訓練するクラス。

    レッスン内容の詳細
    01:   I can understand and say numbers
    02:   I can tell the time
    03:   I can say days and dates
    04:   I can say countries and nationalities
    05:   I can use classroom vocabulary
    06:   I can ask and answer questions about language
    07:   I can give personal information
    08:   I can talk about my family
    09:   I can describe physical actions
    10:   I can describe people
    11:   I can talk about characters
    12:   I can describe relationships
    13:   I can say how I feel
    14:   I can talk about illness
    15:   I can buy clothes
    16:   I can order in a restaurant
    17:   I can invite people and make suggestions
    18:   I can use the phone,say sorry and respond
    19:   I can ask and give directions
    20:   I can book a hotel room
  • Daily Conversation

    Daily Conversation(初心者向け)

    「なんとなくは通じるけど、自分の英語が正しいかどうか自信がない」
    そんな方におすすめなのが、このDaily Conversationのクラスです。

    このクラスでは特定のトピックについて自由に会話する中で、文法的な間違いや癖を正し、会話の正確さを高めていくクラスです。また、教科書では出てこない、自然な言い回しを身に付けることができます。

    予約時に試したい会話内容をコメント欄を入れておくことで、話したいトピックを講師に伝えておくことも可能です。何か具体的なトピックについて話す練習をしたい場合には、ぜひコメントで前もってお知らせください。

    「なんとなくは通じるけど、自分の英語が正しいかどうか自信がない」
    そんな方におすすめなのが、このDaily Conversationのクラスです。

    このクラスでは特定のトピックについて自由に会話する中で、文法的な間違いや癖を正し、会話の正確さを高めていくクラスです。また、教科書では出てこない、自然な言い回しを身に付けることができます。

    予約時に試したい会話内容をコメント欄を入れておくことで、話したいトピックを講師に伝えておくことも可能です。何か具体的なトピックについて話す練習をしたい場合には、ぜひコメントで前もってお知らせください。

  • 1 on 1 Listening and Speaking

    1 on 1 Listening and Speaking(全レベル対象)

    すでに簡単な会話はできる。でも、会議などでとっさに発言できない。そんな思いをしたことはありませんか?
    Listening and Speakingは、そんな辛さを解消するためのクラスです。与えられた問いに対して制限時間を設けて話す練習をすることで、発話のスピードアップや正確さの向上に加えて、より論理的にアイデアや意見ををまとめる力を養います。仕事で発話の瞬発力が要求される方にオススメです。

    授業の流れ

    まずは題材のオーディオを数分間聴いて質問に答えたのち、内容について自分の意見を所定の時間内に話します。そうすることで、一度聞いただけで瞬時に内容を理解し、なおかつその場で自分の意見を話せる能力を鍛えていきます。

    講師は話した内容をタイプまたは録音し、通常の会話では流れてしまいがちな間違いをひとつひとつ修正していきます。これを繰り返すことによって、話すスピードと正確性が向上していきます。

    上級者の方でも意外に細かい間違いをしていることも多く、それらが次々と可視化されていきます。講師の指摘が終わったところで、同じスピーチにもう一度トライ。すでに自分が間違えやすいところを確認できているため、1度目よりもスムーズに話すことが可能になります。

    このプロセスを繰り返すことで、会話の正確さや瞬発力を鍛えていきます。

    すでに簡単な会話はできる。でも、会議などでとっさに発言できない。そんな思いをしたことはありませんか?
    Listening and Speakingは、そんな辛さを解消するためのクラスです。与えられた問いに対して制限時間を設けて話す練習をすることで、発話のスピードアップや正確さの向上に加えて、より論理的にアイデアや意見ををまとめる力を養います。仕事で発話の瞬発力が要求される方にオススメです。

    授業の流れ

    まずは題材のオーディオを数分間聴いて質問に答えたのち、内容について自分の意見を所定の時間内に話します。そうすることで、一度聞いただけで瞬時に内容を理解し、なおかつその場で自分の意見を話せる能力を鍛えていきます。

    講師は話した内容をタイプまたは録音し、通常の会話では流れてしまいがちな間違いをひとつひとつ修正していきます。これを繰り返すことによって、話すスピードと正確性が向上していきます。

    上級者の方でも意外に細かい間違いをしていることも多く、それらが次々と可視化されていきます。講師の指摘が終わったところで、同じスピーチにもう一度トライ。すでに自分が間違えやすいところを確認できているため、1度目よりもスムーズに話すことが可能になります。

    このプロセスを繰り返すことで、会話の正確さや瞬発力を鍛えていきます。

  • Social Conversation

    Social Conversation(上級者向け)

    実際の会話のシーンでは、1対1の会話よりも、会議や会食などのようなグループでの会話の方が多いものです。こんな時に多くの日本人は、まるでお地蔵さんのように固まってしまいがちです。

    Social Conversationは、グループでの会話に慣れるためのレッスンです。複数の講師がナチュラル・スピードで話す中に、割って入ったり、会話の流れをコントロール練習をします。およそ15分ごとに会話を止めて、フィードバックを繰り返し、グループでの会話への心理的抵抗感を減らすと共に、会話への入り方や、コントロールの仕方を学びます。

    実際の会話のシーンでは、1対1の会話よりも、会議や会食などのようなグループでの会話の方が多いものです。こんな時に多くの日本人は、まるでお地蔵さんのように固まってしまいがちです。

    Social Conversationは、グループでの会話に慣れるためのレッスンです。複数の講師がナチュラル・スピードで話す中に、割って入ったり、会話の流れをコントロール練習をします。およそ15分ごとに会話を止めて、フィードバックを繰り返し、グループでの会話への心理的抵抗感を減らすと共に、会話への入り方や、コントロールの仕方を学びます。

  • Reading and Writing

    Reading and Writing(全レベル対象)

    メール、ブログ、ソーシャルメディアのポストなどなど、仕事でもプライベートでも、現代ほど読み書きをする時代はありません。ですから、高速で英文を読んだり、こなれた英文を書くことができる能力は、会話能力よりもむしろ重要なくらいです。

    一般的に日本人は読み書きができると信じられていますが、実はスピーキングよりも悲惨なくらいできないのが実態です。また、時間をかけて読んでも理解できない内容が、会話の中で瞬時にわかることはありませんし、四苦八苦しても書けないことを即興で話すことなどできません。

    ですから、読み書きの訓練は非常に重要です。このクラスでは読み書きを徹底的に訓練します。レベルに合わせて講師が選んだネイティブ向けの書籍や記事を読み、要約とエッセイを書きます。授業では、文章構成から文法にいたるまで精査し、読み書きの力を底上げします。また、このクラスは、論理的にわかりやすく話せるようになりたい方にもオススメです。アイデアやオピニオンを組み立てる練習ができるからです(宿題が出ます)。

    どんなものを読むの?

    課題の読み物は、受講生のレベルや興味に合わせて講師が選定します。初心者が対象の場合には簡単な絵本や学習者向けの短い読み物、上級者であれば難易度が高いニュース記事や、小説などを数章ずつ読んでもらうこともあります。

    なぜ教材ではなくて、書籍や記事なの?

    前後の文脈が取り除かれた無味乾燥な例文ではなく、ネイティブ向けに書かれた書籍や記事などの「生の英語」に大量に浸ることで、ナチュラルな英語表現に馴染んでいけるからです。語彙や言い回しも、いつの間にか確実に増えていきます。読書は英語力をつける上で、筋トレのような役割を果たし、地力をしっかりと培ってくれます。

    メール、ブログ、ソーシャルメディアのポストなどなど、仕事でもプライベートでも、現代ほど読み書きをする時代はありません。ですから、高速で英文を読んだり、こなれた英文を書くことができる能力は、会話能力よりもむしろ重要なくらいです。

    一般的に日本人は読み書きができると信じられていますが、実はスピーキングよりも悲惨なくらいできないのが実態です。また、時間をかけて読んでも理解できない内容が、会話の中で瞬時にわかることはありませんし、四苦八苦しても書けないことを即興で話すことなどできません。

    ですから、読み書きの訓練は非常に重要です。このクラスでは読み書きを徹底的に訓練します。レベルに合わせて講師が選んだネイティブ向けの書籍や記事を読み、要約とエッセイを書きます。授業では、文章構成から文法にいたるまで精査し、読み書きの力を底上げします。また、このクラスは、論理的にわかりやすく話せるようになりたい方にもオススメです。アイデアやオピニオンを組み立てる練習ができるからです(宿題が出ます)。

    どんなものを読むの?

    課題の読み物は、受講生のレベルや興味に合わせて講師が選定します。初心者が対象の場合には簡単な絵本や学習者向けの短い読み物、上級者であれば難易度が高いニュース記事や、小説などを数章ずつ読んでもらうこともあります。

    なぜ教材ではなくて、書籍や記事なの?

    前後の文脈が取り除かれた無味乾燥な例文ではなく、ネイティブ向けに書かれた書籍や記事などの「生の英語」に大量に浸ることで、ナチュラルな英語表現に馴染んでいけるからです。語彙や言い回しも、いつの間にか確実に増えていきます。読書は英語力をつける上で、筋トレのような役割を果たし、地力をしっかりと培ってくれます。

  • Business Coaching

    Business Coaching(中上級者向け)

    一口にビジネス英語と言っても、上司や顧客と話すとき、あるいは同僚や部下と話すときでは、単語の選択や、用いる言い回しさえも変わってきます。これは日本語でも同様です。

    しかし僕らは、相手や状況に適した話し方を学ぶ機会がありません。

    この Business Coaching では、英語圏の人々と仕事をする際に押さえておくべき、具体的なテクニックやアプローチの方法を学びます。上司にお願いをする、部下に指示を出す、叱責する、顧客や同僚と交渉するなど、ビジネスで実際に遭遇するシーンを一つずつロールプレイングとディスカッションを繰り返しながら細かく指導します。

    レッスン内容の詳細
    Lesson 01:   丁寧に話す
    Lesson 02:   上司と話す〜許可を得る
    Lesson 03:   部下と話す〜指示を出す
    Lesson 04:   部下と話す〜叱責する
    Lesson 05:   部下と話す〜悩みを聞く
    Lesson 06:   会議を主宰する、参加する
    Lesson 07:   同僚と交渉する〜敵対的な関係の場合
    Lesson 08:   テレ・カンファレンスに出席する
    Lesson 09:   顧客と話す
    Lesson 10:   大勢の前で話す

    一口にビジネス英語と言っても、上司や顧客と話すとき、あるいは同僚や部下と話すときでは、単語の選択や、用いる言い回しさえも変わってきます。これは日本語でも同様です。

    しかし僕らは、相手や状況に適した話し方を学ぶ機会がありません。

    この Business Coaching では、英語圏の人々と仕事をする際に押さえておくべき、具体的なテクニックやアプローチの方法を学びます。上司にお願いをする、部下に指示を出す、叱責する、顧客や同僚と交渉するなど、ビジネスで実際に遭遇するシーンを一つずつロールプレイングとディスカッションを繰り返しながら細かく指導します。

    レッスン内容の詳細
    Lesson 01:   丁寧に話す
    Lesson 02:   上司と話す〜許可を得る
    Lesson 03:   部下と話す〜指示を出す
    Lesson 04:   部下と話す〜叱責する
    Lesson 05:   部下と話す〜悩みを聞く
    Lesson 06:   会議を主宰する、参加する
    Lesson 07:   同僚と交渉する〜敵対的な関係の場合
    Lesson 08:   テレ・カンファレンスに出席する
    Lesson 09:   顧客と話す
    Lesson 10:   大勢の前で話す
  • Business Writing

    Business Writing(中上級者向け)

    英文のメールを書く際には、とりあえず日本語で下書きして、グーグル翻訳を通して英文に変換し送っている。そんな人が多いのではないでしょうか? その翻訳メール、正しく翻訳されているのでしょうか? 失礼な文体になっていないでしょうか?

    このクラスでは日本人にありがちな、いかにも翻訳調のわかりにくいメールではなく、伝えたいことが端的に確実に伝わるビジネスメールの書き方を身につけることができます。実践に即した、簡潔でわかりやすいビジネスメールはどうすれば書けるのか、ゼロから順序立ててレクチャーします(宿題が出ます)。

    レッスン内容の詳細
    Lesson 01:   Business Writingのエッセンス
    Lesson 02:   Actionableなメールを書く
    Lesson 03:   質問する、発注する、受注を確認する
    Lesson 04:   クレームを書く
    Lesson 05:   クレームに対応する
    Lesson 06:   進捗レポートを書く
    Lesson 07:   提案書を書く
    Lesson 08:   議事録を書く
    Lesson 09:   社内の他部署にクレームを書く
    Lesson 10:   他部署からのクレームに対応する

    英文のメールを書く際には、とりあえず日本語で下書きして、グーグル翻訳を通して英文に変換し送っている。そんな人が多いのではないでしょうか? その翻訳メール、正しく翻訳されているのでしょうか? 失礼な文体になっていないでしょうか?

    このクラスでは日本人にありがちな、いかにも翻訳調のわかりにくいメールではなく、伝えたいことが端的に確実に伝わるビジネスメールの書き方を身につけることができます。実践に即した、簡潔でわかりやすいビジネスメールはどうすれば書けるのか、ゼロから順序立ててレクチャーします(宿題が出ます)。

    レッスン内容の詳細
    Lesson 01:   Business Writingのエッセンス
    Lesson 02:   Actionableなメールを書く
    Lesson 03:   質問する、発注する、受注を確認する
    Lesson 04:   クレームを書く
    Lesson 05:   クレームに対応する
    Lesson 06:   進捗レポートを書く
    Lesson 07:   提案書を書く
    Lesson 08:   議事録を書く
    Lesson 09:   社内の他部署にクレームを書く
    Lesson 10:   他部署からのクレームに対応する

Create an Account

まずは無料でアカウントを登録する

無料体験・会員登録はこちら