【超短期パワー留学プログラム】発音強化であなたの英語を一段階上へ

さて、ブライチャーでは先日、1〜2週間といった短期間しかお休みを取れない社会人を応援するため、「超短期パワー留学プログラム」を発表しました。

今回は、発音の強化を希望する場合を例に、具体的なプログラムの内容を解説したいと思います。

このプログラムは次の3つの要素から構成されています。

・代表の松井博による事前学習カウンセリング1回(エッセイの事前提出要)
・留学前のオンライン学習12回
・実際のフィリピン留学(1週間または2週間)

では、実際にそれぞれの段階でどんなことが期待できるのか、一つずつ説明します。

1)事前学習カウンセリング


まず、事前に簡単なエッセイを提出していただきます。初心者の方であれば、自己紹介文、中〜上級者の方にはいくつかのお題の中から一つ選んでいただいて、それについて100〜250ワードほど書いていただきます。

これは、語彙や文法の正確さなどを図るのに使われます。

事前学習カウンセリングでは、スカイプで30〜40分ほどお話しさせていただきます。途中で5分程度、英語でも会話も行います。これによって、現在のリスニングやスピーキング、また発音などをチェックします。

その上で何をゴールに英語を学習しているのか、いつ頃までにそのゴールに達したいのか、また、一番最近受験した英語検定等のテストの点数や、日頃している英語学習の内容などをお伺いし、事前学習の内容や、留学中のカリキュラムの推薦をさせていただきます。

2)留学前のオンライン学習(12回)

次にオンライン・レッスンですが、こちらは1回50分の授業を合計12回受けていただくことがきます。働いていると勉強時間の捻出が難しいので、週1回のペースで3ヶ月間というイメージで提案させていただいています。無論時間が許せば、もっと高い頻度で受講していただいて構いません。オンラインのクラス内容は、発音強化であれば、次のようなイメージで提案させてさせていただきます。

・最初の6回 – Phonics and Pronunciation
・次の4回 – Speech Fluency
・最後の2回 – Listening & Speaking

なお、こちらはあくまで1例ですので、この通りになるとは限りませんのでご了承ください。また、それぞれのクラスの内容はこちらをご覧ください。

オンラインレッスンの内容

3)留学中

留学中のカリキュラムは学習相談の内容を踏まえて推薦させていただきます。ブライチャーのレッスンは1日6コマですので、発音強化を希望される方であれば、例えば次のような内容になります。

・Phonics and Pronunciationを2コマ
・Speech Fluencyを2コマ
・Listening and Speaking 1コマ
・Remedial Class(弱点補強)を1コマ

多い1〜2週間の留学

ブライチャーへの留学はおよそ3割が1週間の方、そして2割が2週間の方です。現在でもすでに「今回は発音を強化したい」「次回はライティングを強化したい」といった感じで、短期留学を何度も繰り返している方がたくさんいます。こうしてターゲットを明確に絞ることで、たとえ短期間でも、一定以上の成果を期待することができます。

あなたもぜひ、ブライチャーへの超短期パワー留学、してみませんか?

お申し込みはこちらから

今回は、プログラムスタート記念として、4月30日までにお申し込みの方は通常価格にてご提供させていただきます。具体的な料金については、こちらのお見積もりフォームをご利用いただくとすぐにメールでご確認いただけます。

※お見積もりフォームご利用時に割引額が表示されることがございますが、他のキャンペーンや割引と併用はできません。

なお、当校のビジネス英語のクラスは中級者以上の英語力が要求されますので、ビジネス英語をご希望の方は、学習相談の際にぜひご相談ください。

ぜひこれを機に、他にはないBrightureのレッスンをご体験ください。

それではお待ちしております!

※当プログラムは、予告なく終了されることがありますことをご了承ください。

超短期パワー留学プログラムのお申し込みはこちらから

資料請求はこちらから。

博 松井
hiroshi.matsui@brighture.jp

著書に『僕がアップルで学んだこと』『企業が「帝国化」するアップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔』などがある。2009年まで米国のアップル本社にシニアマネージャとして勤務。大学や企業での講演も多数。