愛煙家必見。Brighture留学時の喫煙場所をご紹介

喫煙者の留学生のみなさん。留学中タバコは吸えないとなると大変ですよね。今回は喫煙者の方が、Brightureに留学に来て、どこでタバコを吸えるのか?をお伝えしたいと思います。

ほとんどの場所が禁煙のセブ

実は、フィリピンのセブでは屋内のほとんどの場所で禁煙となっています。もちろん学校も滞在先のホテルも屋内は禁煙です。でも愛煙家の皆さんご安心ください。屋外ではもちろん喫煙可能です。

Jセンターモールの喫煙所

blog-vaccination-before-coming-phil-jmall1200x800

各フロアの屋外エリアに喫煙所があります。一番学校から近い喫煙所は同じ3rdフロアにある、映画館のある屋上エリアです。学校のドアを出てから46.99秒、78歩でたどり着く距離です。休み時間は10分間で時間絶対厳守なので、休み時間に喫煙したい人はダッシュで行きましょう。ちなみに喫煙後はブレスケアもお忘れなく。これは大人のマナーです。

ホテルの喫煙所

facility-hotel-yard2

最初にもお伝えした通り、ホテル室内ももちろん禁煙です。万が一、室内で喫煙した場合、1,500ペソ(約4,000円)も罰金を取られます。絶対にやめてください。ホテル滞在中、どうしてもタバコを吸いたい方は、2ndフロアのテラスか、Gフロアのエントランス部分の喫煙所でどうぞ。このエリアは喫煙可能です。

そもそもタバコってどこで買うの?

Jセンターモール内では、UGフロアにあるタバコショップカウンターか、LGフロアにあるセブンイレブンで購入可能です。ちなみに価格はマルボロライト1パック75ペソ(180円)程度。空港の免税店で買うのとほぼ同じか、少し高いです。日本タバコの製品はメビウスが購入可能ですが、他のタバコに比べて高いです。

セブでは何でも小単位で売る文化があり、タバコも10本入りのハーフパックや、路上の物売りからは、タバコを1本単位で購入することも出来ますが、基本的には、モールなど大きな施設で購入することをお勧めします。
余談ですが……

フィリピンではタバコは高級品ですので、上記のようにタバコを一本ずつ購入し吸っているシーンをよく目にします。日本のように一箱から購入し、吸うことができないのです。タバコ一つ取っても、このような貧富の差を感じてしまいます。

ではもう一度復習しましょう!

タバコ購入場所

センターモール内 
タバコショップカウンターもしくはセブンイレブン
基本的にはこのような施設で購入してください。

喫煙場所 

屋外のみ可。学校内・ホテル内は禁煙

以上となります。喫煙はルールを守って行いましょう。

 
佑樹 中西
yuki-nakanishi@brighture.jp

1985年大阪府出身。高校在学中からミュージシャンとして活動し、その後アパレル系企業に就職。2008年に不動産業に転職。大前研一氏のBBT大学に通いながらもトップクラスの業績を収める。その後、元Appleの松井博氏との出会いを経て海外経験ゼロにして語学学校、Brighture English Academyを創業。また日本では、不動産業界のレベルUPを目的とした株式会社THREEも経営。中西佑樹ブログはこちら