MBA留学前にフィリピン留学。果たして効果はあるのか?

アメリカを含めて、海外の大学院で勉強がしたいという、社会人の方が増えています。 海外の大学院に入学する際に試練となるのが、英語力です。特にブライチャーの生徒で多いのがMBA留学です。

MBAとは、Master of business administrationの略で主にビジネスを体型的に学ぶものです。 このMBA留学する場合、事前にTOEFLなどの難関な英語の試験で高得点を獲得する必要があります。また大学院に入学した後も、たくさんの試練が待ち構えています。 例えば、大量の英語の文章を読む・それについて英語で文章を書く・自分の意見を英語で発言する、などです。その為、高い英語力が求められるのです。 MBA留学を行う前に、フィリピン留学にこられる社会人の方が増えてきていますが、残念ながら、たくさんの誘惑があるのがフィリピン留学です。自分が思ったような成果を上げることができずに、帰国する方も多くいます。

MBA留学で必要な英語力をフィリピン留学で取得できるのか?

MBA留学で必要な英語力をフィリピン留学で取得できるのか?

そもそもMBA留学をする際に必要な英語力とは一体どのようなレベルなのでしょうか? 冒頭でもお伝えした通り、MBA留学ではTOEFL・IELTSなどで高得点が必要です。またそれ以外にもGMATという試験や、自分をアピールする為のエッセイ、インタビューなどの関門が待ち構えています。かなり高いレベルの英語力が求められることは明らかです。

MBA留学後も同じです。大量の宿題、世界各国から集まった優秀なメンバーとのディスカッションを毎日こなさなければなりません。

これらをまとめると、
1、試験を突破するための英語力
2、大量の宿題をこなすための英語力
3、ディスカッションができる英語力

上記が必要なのです。

MBAの募集要項に含まれる試験。試験対策ではない英語力を!

MBA留学では、TOEFLなどの点数が募集要項に含まれています。まずは、この関門を突破しなければなりません。TOEFLなどの試験対策だけを行い、点数を上げるという方法も一つですが、実際に使える英語力を身につけられなければ、入学後、とても厳しい状況に直面するでしょう。

Brightureでは、試験対策ではなく、実際に使える英語を身につけてもらいます。 各自に合わせたフィリピン留学でのゴール設定をしっかり行います。適切な目標を設定しブライチャーのカリキュラムにしたがって学習すれば、必ず英語力を向上できます。

MBA留学に耐えるための読み書きの宿題が大量にでる

海外の大学・大学院では、日本とは違い、圧倒的な量の読み・書きの宿題が出ます。これに慣れていない日本人は、入学後とても苦労するのです。Brightureでは反転授業形式をとっており、かなりの量の読み・書きの宿題を出します。これを繰り返し行うことで、読み書きのスピードがあがります。海外の大学・大学院の授業にも対応できるでしょう。 現在あるフィリピン留学の語学学校の中で、海外の大学院での学習形式に一番近く、宿題の量が多いのはBrightureでしょう。

MBA留学に必要なディスカッション力を身につける

日本人は、国際社会の中で消極的と言われます。日本人を話させるのは、インド人を黙らすほど難しいと言われているくらいです。このような消極的な態度では、MBAのように議論がメインの授業では、かなり苦戦します。意見を言わなければ、点数さえもらえず、卒業できません。 こういった姿勢を解決するために、Brightureが提供しているSocial Conversationという授業では会話の中に割って入る訓練に徹底的に取り組んでいただきます。会話に割って入り、自分の意見を英語で発言するのです。このクラスは本番のMBA留学でのディスカッションのいい練習になるでしょう。

MBA留学前にブライチャーでフィリピン留学

Brightureでは読み書きのトピックを選ぶことが可能です。ニュース記事から、ビジネス本など、MBA留学前でも対応できるカリキュラムとなっています。

Brightureでは社会人の方が多く学んでいます。MBA留学を希望される方はもちろん、すでに英語を仕事で使っている方で、会議に割って入れない、部下を叱れないなどの悩みを持った方にも対応可能です。今後MBA留学前に当校に留学された方のインタビュー記事を掲載しますので、ぜひ参考にしてみてください。

佑樹 中西
yuki-nakanishi@brighture.jp

1985年大阪府出身。高校在学中からミュージシャンとして活動し、その後アパレル系企業に就職。2008年に不動産業に転職。大前研一氏のBBT大学に通いながらもトップクラスの業績を収める。その後、元Appleの松井博氏との出会いを経て海外経験ゼロにして語学学校、Brighture English Academyを創業。また日本では、不動産業界のレベルUPを目的とした株式会社THREEも経営。中西佑樹ブログはこちら