フィリピン留学中の服装について。軽い羽織物は必需品

フィリピン留学の準備をする際に、皆さん悩むのは持ち物でしょう。服装は?生活用品は?日本食を持っていた方がいいの?など、悩みは尽きません。さて今回はこの持ち物の中でも、服装についてお伝えしたいと思います。

フィリピン・セブ島の気候は?

フィリピン・セブ島での服装 ポイント1:日本の真夏の服装が基本

フィリピンの平均気温は26.5℃とされています。26.5℃と聞くとそれほど暑くないように感じるかもしれません。しかし、実際に現地で生活をしていると平均気温よりも暑いと感じてしまいます。ではフィリピン・セブ島ではどのような服装をすればいいのでしょうか?

多くの方が、半袖に半パンという服装です。ですから、フィリピン留学をされる方も、半袖・半パンで問題はありません。もちろんジーパンなどの長ズボンで問題はありません。ただし、女性の場合は肌の露出を控えめにすること。そして、アクセサリーなどの装飾品を身につけるのも避けましょう。

肌を露出した服装やアクセサリーなどの装飾品を身につけることで、盗難にあう危険性があがります。

フィリピン・セブ島での服装 ポイント2:軽く羽織れる上着は必須

フィリピン・セブ島での服装で必須なものが軽く羽織れる上着です。多くの施設内は「寒い」と感じるほどエアコンが効いています。私は人と比べて暑がりのほうですが、そんな私でも半袖・半パンだと寒いと感じてしまうほどです。ですから、必ず上着は持参してください。また外気との気温の差が激しいので、体調を崩さないように注意をしましょう。

フィリピン・セブ島での服装 ポイント3:足元はスニーカーがベター

フィリピン・セブ島は日本と違い、道路が舗装されていない箇所が多くあります。綺麗な道に慣れている日本人にとっては、非常に歩きにくく感じるでしょう。また雨が降ると、水たまりもできやすく、さらに歩きにくくなります。もし女性で高いヒールなどを履いているととても危険です。またよくビーチサンダルを履いている方がいますが、舗装されていない道路だと怪我をする可能性があるので、注意が必要です。

フィリピン・セブ島で洋服は購入できるの?

もちろんフィリピン・セブ島でも洋服を購入することは可能です。しかし、日本で見かけるようなおしゃれな服は入手困難です。例えば、これまでお伝えした軽く羽織れる上着や、スニーカーなどは購入可能です。最近は、ユニクロもセブ島に進出しました。ユニクロが入っているモールはセブ島で2ヶ所あります。

ブライチャーの生徒は英語学習に追われる留学生活が待っていますので、もしユニクロに行く場合は、ブライチャーの宿泊施設に近いSMモールがオススメです。タクシーで10分〜20分ほどで行くことが可能です。またユニクロにこだわらなければ、ブライチャーが入っているJセンターモールでも洋服は購入は可能ですし、宿泊施設の前にパークモールというモールがありますので、こちらで購入することも可能です。

フィリピン留学の為の服装まとめ

ではここでまとめに入ります。

基本的には日本の真夏をイメージしていただければ大丈夫です。しかし、フィリピン・セブ島の服装ポイント2でも記載した通り、軽く羽織れる上着は必須です。また靴も歩きやすいものを選択してください。ただし、これらを忘れても現地でも購入可能なので、安心してください。

佑樹 中西
yuki-nakanishi@brighture.jp

1985年大阪府出身。高校在学中からミュージシャンとして活動し、その後アパレル系企業に就職。2008年に不動産業に転職。大前研一氏のBBT大学に通いながらもトップクラスの業績を収める。その後、元Appleの松井博氏との出会いを経て海外経験ゼロにして語学学校、Brighture English Academyを創業。また日本では、不動産業界のレベルUPを目的としたメディアEdgeも運営。講演やブログでもさまざまな発信を行っている。